WEB/ホームページの更新・管理・制作は二二システムデザイン

WEBアクセス解析・分析

行き当たりばったりの対策ではなく、
まずは顧客が何を望んでいるのかを細かく分析

頻繁に情報を発信してWEBを更新しているのに反応がイマイチよくない。
そんなことありませんか?

その原因は3つあります。

  1. せっかく良い情報を発信しているにもかかわらず、顧客に届いていない。
  2. 文章に改行や段落、または「起承結」がなく、読みにくい。(短い文章に「転」は不要)
  3. 発信している情報と顧客が欲しい情報とがマッチングしていない。

1.2の問題は、WEBサポートで解決できますが、3の原因を考えるためには
顧客の声にもっと耳を傾ける必要があります。

顧客が欲しい情報とは何か?

それは、訪問者のWEB上の行動を分析することで把握することが可能です。

  • どういったキーワードで検索してWEBに訪問されたのか。
  • トップページからまず最初にどのページに行ったのか。または最も多くクリックされたページ。
  • お問い合わせをした顧客が直前に見ていたページはどこか。

こういったアクセス情報を分析していくことで、顧客の本当に欲しい情報が見えてくるようになります。
ほとんどの場合、発信者が思わぬ意外な結果が出ることが多いのです。

今、発信している情報は「一方的に伝えたい情報」になっていませんか?

アクセス分析